講師・スタッフ インタビュー

キャリアアカデミーで働く、講師・スタッフのインタビューです。

前田講師

プロフィール

新卒で大手化粧品メーカーに入社。人事部にて、採用・育成を担当。
現在は、海外事業部にて新規国の開拓事業に携わる。

採用担当の経験から、学生への支援に興味を持つ

キャリアアカデミーで働こうと思ったきっかけは、自分が企業で採用担当として採用に携わる中で、学生さんが同じ服装、同じ髪型をして、決まりきったことを言っていることが、もったいないなと思ったところがあります。企業側は、学生さんが同じようなふるまいをするところが見たいわけじゃなくて、その学生の個性、価値観が見たくて選考をやっています。お互いがすれ違っているように感じて、学生さんと企業の間に立つ存在に自分がなれればいいなと思ったのがあります。
インターンから、本選考、内定までの間に、学生さんってすごい成長していくんですよね。「人の成長に携わりたい」と思ったとき、自分の企業の採用担当だと、自分の企業にどうマッチングするかどうかで判断しなければならなかったり、自社という枠の中から飛び出ることってないじゃないですか。もっと広く、学生さんの成長に関われたらいいな、企業の枠を超えて貢献できたらいいなという想いがあって、キャリアアカデミーでの仕事を始めたというのがあります。

副業のリアル

社内で副業をしている人は、まだ全然少ないです。ただ、コロナ禍でリモートワークが一般的になったことで、副業を考える人が増えてきたように感じます。
実は以前にもWebライターの副業をしていたことがあって、初めての副業というわけではないんです。大変なのは、やっぱり本業との両立、当たり前かもしれないですけど(笑)
ただ、もともと副業をやってたので、そこまで大変さを感じることもなくて、逆に楽しさのほうが大きいなと思っています。
楽しさでいうと、別のコミュニティを持てるというのがやっぱり大きいです。今本業では、全然違う仕事して、自社の自分の顔というのがあって、それとキャリアアカデミーでの自分は全く別じゃないですか。企業の名前もとっぱらって、一個人じゃないですけど、それこそ先生と呼ばれるのも新鮮ですし、他業界の人事の方もいらっしゃったりとか、本当に新しいコミュニティが一個増えたという感じですごくおもしろいです。

「自分で気づいてもらう」ことを第一に考える

正解は言わないで、自ら考えて、自分で気づいてもらう。自分で納得した結論を自分で出してもらうことをできるようになってほしいと思って、面談をするように心がけています。
「何と書けばES通りますか?」「何と言えば面接通りますか?」というように、正解を求める子は多いですが、「自分で考えてみてね」と、ヒントは渡すけど正解は言わない。自分で考えることが、ゆくゆくは成長につながるよ、ということに気づいてくれたらいいなと思っています。

キャリアアカデミーで働くやりがい

1つの企業で一生を終えるということが当たり前ではない時代かもしれませんが、学生さんにとっては、「初めての社会人人生をどこの会社で過ごすか」はとても重要だと、自分の経験からも痛感しています。人生に大きな影響を与える部分に関われることはすごくありがたいです。内定を取るのがゴールではもちろんないのですが、学生さんが行きたい企業や憧れていた業界に内定をもらう瞬間に立ち会えることは単純に嬉しいですし、やりがいになるなと思います。

これからの人生でやりたいこと

本業においては、今、海外事業部で新規開拓事業やっているので、自分の会社として進出して、自分の中で「やりきったな」と思えるようにしたいと思っています。
それ以外で言うと、ずっと人の成長に携わりたいなという思いが強いです。私、仕事がすごい好きで、割と自由に生きているなという印象があって、もっとみんな自分らしく生きていける世の中にしていきたいなと思っています。だから学生さんにも、自分らしさをどんどん発揮してもらって、自分がありのままの姿でいられる企業を選んで欲しいし、そこのお手伝いで自分にできることをやりたいなと思っています。これから先も、人の成長に携わることであれば、学生さんの支援にとどまらず、色々挑戦していきたいなと思っています。

採用募集へのエントリーはこちら

ENTRY