講師・スタッフ インタビュー

キャリアアカデミーで働く、講師・スタッフのインタビューです。

村田講師

プロフィール

客室乗務員として、日本航空より外資系航空会社に転職。大学や企業でのキャリア講座の担当も多数。
国家資格キャリアコンサルタント、有資格者キャリアコンサルタント更新講習 厚生労働省登録講師

就職氷河期の経験から、学生の支援に興味を持つ

新卒の就職活動は、バブル崩壊後の就職氷河期でした。採用枠は激減し、地方出身で文学部だった私は大変苦労し、なんとか就職が決まりました。当時は大学の女子寮に住んでおり、同じ寮の先輩方からたくさんのアドバイスに恵まれました。同時に「このような機会がない人はどうやって就活するのかな?」と疑問に思い、「いつか自分の経験を生かして、就活生のお手伝いができれば」と考えるようになりました。
その後、取得したキャリアカウンセラー資格を実践する場を探す中、キャリアアカデミーWebサイトの講師募集に出会いました。「内定したその先も見据えた、"学生のキャリア全体"を支援する」というような文言があり、この考え方にビビッと感じたことがきっかけです。

複業の秘訣は「オン・オフ」の切り替え

多いときは週4回、キャリアアカデミーに出勤しています。副業を検討されている多くの方は、「両立できるのかな?」とお悩みだと思いますが、私に関しては、フライトもキャリアアカデミーの講師業もオン・オフがはっきりしている仕事です。場所的、時間的な拘束を解かれれば、それ以外の時間は、自分の采配で、いかようにもすることができます。

「発せられない心の声」の言語化もお手伝い

「学生一人ひとりのこえを聴き、応援する」ことを信条としています。
発せられる声はもちろん、発せられない心の声を聴き、それを言語化することで「本当の自分」とじっくり向き合ってほしいからです。「〇〇さんならできるよ。」という言葉で、背中を押すことを心がけています。

キャリアアカデミーの良いところ

学生の気持ちを第一にしているところ、講師を信頼してくれているところです。
毎年100名以上の学生と出会う中、事務方の皆さんが全員の顔や名前、性格、志向などを把握していることに、頭が下がります。講師には、一般的な社会常識範囲内であれば、「内定の先も見据えた面談をする」以外、全て任せられていると感じます。

「学生からの内定報告」が一番のやりがい

学生から「内定とれました!」と言われることが一番のやりがいです。
「あの時の〇〇というアドバイスがとても役に立った」と言ってもらえたら、ニコニコが止まりません。就活塾として内定を取ることに加え、学生の成長を応援できたのだと感じるとき、醍醐味をじっくり味わえます。

採用募集へのエントリーはこちら

ENTRY